エコカーの種類は、しばしばPHVなどのアルファベットで表記されることがあります。ここではそのPHVの特徴を説明します。
      

■PHVとは?

PHVとは、Plug-in Hybrid Vehicleの略称で、日本語に直訳すると、「電源のあるハイブリッド・カー」ということになります。つまり、電気を充電できるハイブリッド・カーのことです。

普通のハイブリッド・カーは、走行中のモーターによる発電で電気を補給するため、外部のコンセントなどから電源を補給することはできません。ガソリンでも走れるため動きに問題はないのですが、できるだけ完全にCO2をゼロにしたいというドライバーの方にとっては、やはりこの電源を補給できないというのが、もどかしく感じられるケースもあるようです。

この点、PHVは停車中に外部のコンセントなどから電気を充電することができるため、常に電気を満タンにしやすくなっています。なので、走ろうと思えば、普段使いであれば完全な電気自動車として使うこともできるだけの持久力を持っているのです。

■PHVの充電の方法

電気自動車というと、特別な充電スタンドに行かなくてはいけないというイメージがあるかも知れませんが、PHVは家庭の電源から普通に充電することができます。特に電気料金が安くなる夜間であればPHVにしっかりと充電したとしても大した金額にはなりません。

そして、普段の距離であれば基本的にPHVは完全な電気自動車としても走行できるので、電気自動車のスタンドがない地域であっても、長距離のドライブ以外はまったく問題なく電気自動車として活用することができるのです。そして、長距離の時に電源が切れたら、自然とガソリン車に切り替わるので、停車してしまうという心配もありません。

■PHVのメリット

メリットはやはり、燃費がいいということです。電気を家庭で充電するのは非常に安いですから、ガソリン車と比較しても、毎月のコストがかなり抑えられます。そして、電気自動車であればスタンドがないと充電できないというデメリットがありますが、PHVであれば、上に書いたように、スタンドがない地域であっても問題なく使うことができます。

そして、完全な電気自動車でなくガソリン車でもあるため、いざという時はガソリン車として普通に走ることができるというのも強みです。このように、電気自動車の欠点をことごとく克服しているのが、PHVの強みといえます。唯一のデメリットは、まだ価格が少し高いということでしょう。