エコカーの略称では、PHVとEVが有名ですが、EVというのは、電気自動車のことです。ここではEVについて詳しく説明します。
      

■EVとは?

冒頭に書いたように電気自動車のことで、Electric Vehicleという英語の略称から来ています。呼び方が変わっても、一般的な電気自動車と大きな違いはありません。

動く仕組みは簡単で、電気の力によってモーターを回転させ、それで車輪を動かすというものです。ミニ四駆などとまったく同じ構造と言っていいでしょう。ガソリン車の場合は、この車輪を動かす動力として、ガソリンを燃焼させるエンジンを使っているわけです。その点だけが違いであり、あとはほぼ同じです。

■EVとガソリン車の違い

一番の違いは上に書いたように動力源ですが、これが変わると内部の構造も変わります。ガソリン車に必要な内部のスペースと、電気自動車に必要なスペースは全く違うからです。基本的に電気自動車(EV)は内部のスペースをほとんど必要としません。

そのため、町中でEVを見かけると、まるでチョロQのように可愛らしいコンパクトなデザインになっているのに気づくと思いますが、あれはデザインのためにそうしているのではなく、本当にそのくらいしかスペースが必要ないのです。ガソリン車のボンネットのような広いスペースが要らないので、ボンネットを全部削除すると、ああした丸っこいデザインとなるわけですね。

車体が小さくなれば当然重量も小さくなり、燃費もよくなります。また、自動車重量税のような重さによって高くなる税金も安くすることができます。そして、駐車などもしやすくなるという多くのメリットがあるわけです。

■EVのメリット・デメリット

EVのメリットとデメリットをあげていくと、まずメリットは上に書いたものに加えて、音が静かということです。ガソリンをふかすという動作をしなくていいわけですから、それも当然です。まるで家電製品のように、音もなく静かに動いてくれます。逆に静か過ぎて、自動車が近づいていることに気づかないという歩行者もいるため、このあたりは注意も必要です。

デメリットについては自宅で充電できないタイプのEVの場合は、スタンドがある地域でないと困るということです。まだまだEVの充電ができるスタンドは全国でもたくさんはありませんから、もしEVに乗りたいというのであれば、できるだけ自宅で充電できるタイプのものを選ぶようにしましょう。