ハイブリッド・カーという名前は最近当たり前のように聞かれるようになりましたが、そもそもハイブリッド・カーとはどのような車でしょうか。ここではその仕組みをわかりやすく説明します。
      

■ハイブリッド・カーとは?

簡単に言うと、ガソリンと電気の両方で動く車、ということです。ハイブリッドというのはそもそも、2つの機能を持っているという意味で、自動車以外の分野でもよく使われます。たとえば「ハイブリッドな人材」というような使われ方ですね。

2つの動力を使うといっても、運転者がスイッチで切り替えたりするわけではありません。どちらの動力を使うかはハイブリッド・カーが自動で認識して切り替えており、片方だけを使う時もあれば、両方を並行して使うこともあります。

■低燃費の理由

ハイブリッド・カーのメリットはまず低燃費であるということです。これは電気を半分導入しているからということもあるのですが、そもそも、町中など低速度で走る場所は、もともとガソリンで走るというのは向いていないのです。長距離でずっとブレーキをかけずに走り続けるようなケースではガソリンで走るのは無駄がなくていいのですが、度々停車してエンジンを冷ましてしまうような環境下では、何かと無駄が多いのです。

そうした低速で走る場合には電気に切り替えるというのがハイブリッド・カーの特徴です。そして、高速で走る段階になると、ガソリンに切り替えます。このような切り替えをすることで、低速で走る場合も高速で走る場合も、どちらでもエネルギーの無駄遣いがないようにするのです。

■充電が不要である

基本的にハイブリッドは充電が不要です。ガソリンでモーターが回っている時に、そのモーターを使って発電することができるからです。普通の自動車でも、ライトなどに使うバッテリーは、運転をすることで自動的に発電をして、外部から充電などしなくてもいいようになっていますが、それと同じ原理です。

つまり、電気自動車であれば充電ができなくて困るという場面でも、ハイブリッド・カーであればそのような心配はないということです。このように、電気自動車の致命的な欠点を補っているという点もハイブリッド・カーが普及している理由の大きなものだということができます。

価格もプリウスなどが大ヒットすることでどんどん下がってきており、コストパフォーマンスもいいのが魅力です。